暑い日が続いていますね。
投稿が随分とあいてしまいましたが、暑さに負けず皆さん元気に通ってくださっています(^^)

今年はコロナ禍の中、ホール審査での開催となったピティナ・ピアノコンペティション、教室からも参加されました。
A1級からD級の方が参加され、8/5の本選で終了となりました。
7名の生徒さんが参加され、それぞれに目標を掲げ、取り組みをしてくださいました。
普段のレッスンでは💮となるところ、1音1音、1フレーズごとに、重箱の隅をつつくようなレッスンにも、めげずに頑張ってくださいました。
予選通過率が3割のピティナですので、大変なコンクールであることは分かってはいたものの、去年の動画チャレンジとは違い久しぶりのホール審査で予選を迎える日までにステップ参加や、ホール練習をいれたりしました。
4期の勉強は本当にいい勉強でした!(大変なことも多々ありましたが…)

娘もA2級から毎年参加し、親としての大変さもよ〜く理解しているつもりです。
お家の方のサポートがあってのことで、皆さん良く頑張ってくださって、感謝、感謝です!
終わってからレッスンに来ていただいた時に、「一生懸命弾いて、上手に弾けました、ありがとうございました!」など、ご挨拶もしっかりしてくださいました。偉いですね。何より嬉しい瞬間です。

すでに、次の目標に向かって、次は〇〇コンクールに出る〜て言ってくださってる方もいらっしゃいます!
少し、リフレッシュしてまた、頑張っていきたいですね。

他の生徒さんも、発表会に向けてや、夏休みなのでなど、目標を持って取り組んでくださっています。

気がつけば、夏休みもあと少しですが、いい夏休みをお過ごしください♪

KYOKO PIANO SCHOOL

年末の12/26 27 に滋賀県ピアノコンクール予選が草津市のアミカホールにて開催されました。
生徒さんと娘が参加しました。

課題曲が小学1.2年生からソナチネと難しいです。
結果、娘は通過できましたが、生徒さんは予選通過ならず…
お世話になっている先生も聴きに来てくださりました。
私としては、なんとも複雑な気持ちでした。
生徒さんの演奏は課題があるものの、精一杯の演奏で、悔いのない演奏ができたと思っています。
あんなに頑張ったのに… 直前まで練習ん重ね挑んだのに…
色んな気持ちがあります。
日頃から本当に良く練習する生徒さんで、予選通過が難しい、このコンクールへのチャレンジをお勧めしました。 
とある先生が、「このコンクールに出ることだけでも凄いんやで!」と仰っていました。
私もそう思います。

結果が欲しいところですが、これをバネに今後に繋げられるとと思います。
本当に良く頑張ったね❣️

KYOKO PIANO SCHOOL

12/19.20に行われたブルグミュラーコンクール大阪ファイルで、Sちゃんが銅賞を受賞されました。

コロナ禍でのファイル開催でこれ以上ないほどの対策をとっていただき、安心して参加させていただいたようです。
この様な中で、開催してくださったスタッフの皆さんには感謝しかありません。

結果は後日ということでしたが、Sちゃんのお母様から銅賞受賞の連絡をいただきました。
とっても素直で、真面目なSちゃん、心からでる素直な音楽がとっても魅力的です。
真面目な性格が時には思い悩む時も… お母様の抜群のサポートもありご褒美がもらえ、本当に良かったです。
レッスン時に賞状、トロフィーを持ってきてくださり、一緒に撮らせていただきました(^^)

教室からは他に4人参加されましたが、入賞には至りませんでした。
当日の動画を見せていただきました。緊張の中、立派に演奏できて、私からは👏👏👏です!
ファイルという場で演奏できた経験はこれからの自信につながると思っています。

KYOKO PIANO SCHOOL